読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UIUXを考える

アプリデザイナーのブログ

UIUXとは?

f:id:kishatatsu:20170119112930p:plain

まえがき

一言で「UIUX」と言っても。 

  • パソコンで閲覧するWebサイト
  • スマホで使うアプリ
  • 家電製品
  • 電車の切符販売機
  • 自動車 etc... 

様々なジャンルがあるんですね。

このブログでは主にWebサイトとスマホアプリのUIUXについて勉強していきますよ。

 

UI = User Interface(ユーザーインターフェイス

人とデバイスの境界面。接触面。操作画面。 

f:id:kishatatsu:20170119113408p:plain

私たちはパソコンを操作する時に、画面に表示されたアイコンやマークなどのビジュアルを見て「これはゴミ箱だから削除したいものはここに入れればいいんだな」とか「この虫眼鏡マークを押せば欲しい情報が検索できるんだな」とか「ウィンドウの左矢印を押せば前のページに戻れるんだな」などの「見たまんま操作」ができるのはUIのおかげと言えます。(これをGUIと呼ぶそうです)

UIは私たちとコンピュータープログラムの間に立ち、仲介する役割を持っている視覚デザインのことなんですね。 

UIデザイン = アプリの使いやすさ(操作性)を考えて設計すること。

 

「ちょっとここのUIを考えてもらえますか」

「このUIはこうした方がいいんじゃないですかね?」

って感じで使われたりします。

 

 

UX = User Experience(ユーザーエクスペリエンス)

人が製品やサービスを通して体験する出来事。 使ってみて感じた事。感想。

f:id:kishatatsu:20170120103408p:plain

たとえば。

  • 予約アプリを使って人気の温泉宿を予約した。家族で温泉旅行を満喫できてとっても楽しかった。
  • ランニングアプリで記録をつけてトレーニングを続けることで目標タイムを達成できて嬉しい。
  • 奮発してちょっと高価な炊飯器を買った。毎日炊きたての美味しいご飯が食べられて幸せだ。(これは家電の話ですが)

こんなふうに、製品やサービスを通して私たちが体験して得た感想 = UXです。 

 

UX = 体験で得た感想

UXデザイン私たちの生活にとってプラスとなる体験を提供するための総合的な仕組みづくり。

 

どうもふわっとした表現しかできませんが・・・。

とても分かりやすい説明を見つけたのでご紹介↓


「UXとはユーザーとサービス、商品の相互作用すべてで、混乱や面倒なしで顧客の的確なニーズを満たし、所有する楽しさ・使用する楽しさを生み出す「簡潔さと優雅さ」by ドナルド・ノーマン認知科学者 認知工学者)

  

 

UIとUXを合わせて考えてみると。

〜温泉旅行を計画する場合〜

 

今年はお父さんが還暦を迎えるから、家族みんなで温泉旅行へ行ってお祝いしたいな〜。

(UX・旅行のワクワク感)

↓ 

最近はこのアプリで簡単に宿泊予約ができるらしい。
さっそく使ってみようっと。

(UX・アプリへの期待感)

ほう、予約の空き状況が一目で分かるぞ。

こりゃ分かりやすい!

(UI・シンプルで見やすい画面)

↓ 

ふむふむ、写真もたくさんあって宿の雰囲気が分かるぞ。

(UI・宿の魅力が伝わるレイアウト)

↓ 

この宿ならお父さんも喜んでくれるかも!ここにしようっと。

(UX・期待感)

↓ 

予約するボタンはこれね。文字が大きくて分かりやすいわ〜。

(UI・配色と可読性)


ポチっ・・・

 

予約できた! 以外と簡単だったわね。

(UI・初めてでも分かりやすい操作画面)

↓ 

後日・・・

家族で温泉旅行を満喫できて楽しかった〜!
お父さんも喜んでくれたし、計画してよかったなあ。

(UX・満足感)

 

 

こんな感じでしょうか?

身の回りの出来事をUIUXで考えてみると面白いかもしれませんね。

 

 

まとめ

UI

私たちとコンピュータープログラムの間に立ち、人と製品をつなぐ仲介役。
分かりやい&使いやすいアプリにするには、どんなビジュアルにしたらいいか?を考えるのがUIデザイン。

UX

私たちが製品やサービスを通して体験して得た感想。(楽しかった、便利だった、分かりにくいからもう二度と使いたくない、最悪だった、などの感想)
UXを向上する為にはどんな仕組みづくりが必要か?を総合的に考えるのがUXデザイン。

 

それではまた。